音技工房 Powered by Hirakawa Work,Inc. 音楽・技術とその間の「何か」を目指して・・・・・・
トップページ 製 品 「楽」術研究 音技工房とは リンク
究極! マルチユース MECAT-Real
軍需完全お断りです。
(誠に申し訳ございませんが、日本の防衛省、防衛省関係者様もお断りさせていただきます。)
MECAT開発秘話
1. 特長
プロフェッショナルユースからホームユースまでできる、マルチユースモニターヘッドホンです。
汎用市販品からのチューニングアップ品。廉価です。材料お持込みの場合、さらにお安くなります。
ありそうで案外ないのが、例えば「プロ用モニターヘッドホン」です。例えばスタジオユースでは大きく二種類必要で、ひとつは「マイナスワン用」、もうひとつが「マスタリング用」ですが、世界的にも数えるほどしかありません。
今日、個人のブログなどでよく「原音に忠実」といった使用報告などがありますが、ヘッドホンに限らず、空気の疎密波である音を一度電気信号に変換し再び空気の疎密波にする以上、原理的にどうやっても「原音」は得られません。また「万人うけする」音もありません。しかしゆえに人はここに「オーディオの楽しみ」を見出すわけでもあります。
普通、ヘッドホンにはさまざまな「味付け」がされており、各人それぞれに好みの音を選び楽しむことができます。しかしゆえに、プロの音声技術者などが悩むことになるのが「できるだけ万人うけする音を作る」ためのヘッドホンです。
近年はオーディオの楽しみ方が多様化し「音造り」の際には、多様な再生側の条件・特徴まで計算して造る必要があり、特にマスタリング用には、測定器の如くストレートな再生特性のものが必要、しかし一方でヘッドホンは消耗品ですから、高価なものは困ります。
まだ当社が誕生する前の1995年、当時、放送局の技術者であった有限会社平川製作所の現取締役が、ミキシングエンジニアよりずばりこの相談を受け、安価な汎用市販品からプロの「マルチユース」に耐えられる、すなわちできるだけ味=くせのないヘッドホンをいわゆる「チューニングアップ」で作ることはできないか?と考えました。
しかし音の絶対的な特性から、その開発は遅々として進みませんでした。
その決定的な阻害要因はシミュレーション用コンピュータの性能不足。結局、地道な基礎開発研究のみで、具体的な実現はコンピュータの進歩を待つことになりました。
それから18年。シミュレーション用コンピュータの進歩で、ようやくお客様にご満足頂けるものができました。
それが初号機、MECAT-1。そしてMECAT-2、3、1A、2A…。しかしここでまた問題が生じました。
廉価でよくモデルチェンジをされる廉価なベース機を使うことから、安定した均質な音の維持のための工程が多く、どうしてもコストを押し上げます。そしてついに「うっかりミス」による初期不良が発生、お客様にご迷惑をおかけする事態に至ってしまいました。
MECATは、異なるベース機から、同じような傾向の音=モニタートーンを作り出すことができるのが特長ですが、それは、発音体の「素の特性」を「どこまで使うか」に他ならず、発音体の素の特性がストレートでなければ、その分、労力を必要としてしまいます。近年のヘッドホンはコストダウンのために、筐体ではなく発音体に味付けしてあるものがほとんど、またそれは流行にあわせ、数ヶ月単位で変わっていきます。これを取り除くために、ころころと短期間で変わる複雑な工程で生じたミスが原因でした。
「何とかしなければ…。世界中のヘッドホンを探せ!肝腎なのは中身だ!」
担当セクションはもちろん、他セクションの品質管理、製造そして営業まで一丸となってのベース機探しの結果、たどり着き、あわせてついに完成の域に達した、マルチユースヘッドホンです。
2. チューニングアップ製作
「良いものは良い」で長年にわたり製造販売されるドイツ製品についに「答え」を見出しました。

ベース機は、BEHRINGER社、HPM1000です。

確かにBEHRINGER社でもデザインは流行に合わせて短期間で変え、新モデルを発表し続けています。しかし、基礎科学を大切にするお国柄、その国の工業製品であることから、肝腎の発音体構造は1世紀前のものと変わっておらず、ベイヤーの発明したダイナミックヘッドホンそのものです。

HPM1000は、一般家庭向けの安価量産品で、ゆえに音も「そこそこ」なのですが、最も肝腎な発音体は基本に忠実、しっかりしたストレートで繊細な音を出します。また長年に渡って大量に生産され、世界中の各ヘッドホンにも使われていることから、品質が安定しています。このためHPM1000自体も10年以上にわたって製造販売され続けています。

このモデルは昔ながらの手法、すなわち筐体で音を変えており、ここの部分を変えればスタジオユースにすら耐える、優れたマルチユースヘッドホンにチューニングアップすることができます。MECAT-Realの価格のほとんどは後述の追加材料「ネコ毛の価格」で、あとはベース機の価格+手作業工賃です。

「最重要部品」である遮吸音材は、イエネコの体毛です。いわゆる「冬毛」で春の換毛期に自然に抜け落ちたものしか使えません。

これを丁寧に集めて洗浄・選択・化学処理したものを充填します。当社独自のノウハウがあります。

これで音漏れの少ない密閉ヘッドホンでありながら、再生していないときには外の音がかなりよく聴こえる、例えば生放送スタジオユースなどにも最適なヘッドホンを作ることができます。 

また、密閉型ヘッドホンで従来常識の「曖昧で強調された低音」や「こもり感」のない「はっきりした低音」と「自然な中高音」が得られます。「原音に忠実な音」は得られません。「マルチユースのモニタートーン」が得られます。

イエネコの自然な抜け毛は稀少な材料、ゆえに当社では、そのままでは年間10個くらいまでしか生産できません。

ご注文時、お客様の愛猫の抜け毛のお持込みを歓迎します。

抜け毛をお持込み頂いた場合、安価にお届けすることができます。ただし全て手作業品ですから納期はご相談になります。

猫にもよりますが、概ね大人の片手、掌にまとまるくらい(軽い毛玉になるくらい)の量があれば、問題なく1個、作ることができます。イエネコであれば、毛色などは関係ありません。

ブラッシングなどで得られた、自然な抜け毛をお持込み下さい。(吐き出した毛玉などはご遠慮下さい。消化液などで変質しており、使用できません。)

あなたのかわいい猫と共に音造りの仕事をされる、あるいはゆっくりと音楽を楽しまれてみてはいかがでしょうか?

バリカンなどで無理矢理剃り取った体毛などは音響特性上使えません。従って間違ってもそのようにしてネコを虐待しないで下さい。またそのようにして得られた体毛は、持ち込み検査時にわかりますので、動物の愛護及び管理に関する法律に従い、しかるべき処置をとらせていただきます。

仕様・価格
モデル名 MECAT-Real
タイプ 半密閉型
最大入力 100(mW)(IEC)
外部漏えい(騒音) 約 32(dB)(装着。平均50(mW)再生時。)

音漏れの少ない密閉型ヘッドホンですが、静かな場所で「ガンガン」に鳴らして聴くと周囲にいる人の多くが「迷惑に」感じます。特に静かな公共の場所では控え目な音量でご使用下さい。

インピーダンス 32(Ω)(1(kHz))
音圧感度 105(dB)(1(KHz))
再生周波数帯域 20(Hz)~20(KHz)
コード 片出し。約2(m)
プラグ L型ステレオ標準プラグ。(ミニプラグ変換型。)
重量 約 180(g)(コードを含まず。)
使用可能な場所・条件 屋内および屋外。

凍結・結露・水濡れさせないこと。通常想定される使用条件を超える激しい振動・衝撃・腐食性雰囲気などのないこと。

温度 0~40(℃) 湿度 20~90(%Rh)  標高 4000(m)以下

その他

いわゆるネコ・アレルギーの方は使用できないことがあります。また希にその他のヘッドホン材料によるアレルギー症状を起こすこともあります。肌に合わないと感じた時には直ちに使用を中止、医師にご相談下さい。

耳を刺激するような大音量で長時間続けて聴くと耳などに悪影響を与えることがあります。音量の上げすぎは周囲の迷惑となるだけでなく、自身の健康にも悪影響を及ぼします。

自転車、オートバイ、自動車の運転中など、周囲の音が聴こえないと危険な場合、場所での使用は絶対にしないで下さい。

抜け毛のお客様お持込みによる製作品の返品は原則としてできません。(お客様より、使用している抜け毛の無償当社帰属をご了承頂いた場合を除きます。)

特別製作(特機)ヘッドホンです。無料製品保証は製造上の明らかな瑕疵によるもの以外、ありません。

価格(送料・税別) 1.当社全製作の場合。

             9,000円

2.お客様材料(抜け毛)お持込みの場合。

             4,000円

貴重なイエネコの抜け毛を使用した、非営利製品です。無理なご要望にはお応えできませんので、お問い合わせ頂きましても一方的にお返事しないことがあります。常識あるお問い合わせをお待ちしています。

上記価格は原材料費の変動、また為替レートの変動により、短期間に予告なく変更させていただくことがあります。ご了承下さい。

ネコの毛のお持ち込みによるオーダー製造・販売できます。
下記要領に従ってお申し付け下さい。
~ ネコの毛のお持ち込み製作につきまして ~
心優しき愛猫家のお客様からのオーダーをスタッフ一同、心よりお待ちしています。
メールにその旨明記の上、お申し付け下さい。折り返しこちらからメールにてご確認させていただきます。
必要なネコの毛は体毛のうちの「下毛」と呼ばれる部分です。当社にて分離・選択して使用させていただきますので、お客様側で分けていただく必要はありません。濡れても大丈夫ですから、防水のための中袋などは必要ありません。封筒などにそのまま入れ、当社にお送り下さい。なお、この送料につきましては、誠に恐れ入りますがお客様でご負担下さい。当社へのネコの毛の到着をもって正式下命とさせていただきます。なお、①のお申しつけより、2週間以内に当社にネコの毛が到着しない場合には、ご注文はなかったものとさせていただきます。発送されましたらメールにてご連絡下さい。なお送付先は当社本社です。
   
オーダー MECAT-Real 1個 製造に必要なネコの毛の量の目安
春の換毛期の毛、大人の片手、掌に「ふんわりいっぱいにまとまる」程度です。そのまま軽くまるめて、野球の硬球の大きさ程度、水を含ませてぎゅっとまとめると、単2型乾電池の2/3程度の大きさです。

定型 長形3号封筒に入る程度ですので、1個オーダーの場合には長形3号封筒に入れ、郵送して下さい。

基本的に春の換毛期の抜け毛しか使えませんが、その他のシーズンの抜け毛でも何とか使えます。ただし使える下毛の量が1/3程度になるため、その場合には、写真の量の3倍程度の毛をお送り下さい。

「ネコノミ」の付いている毛のお持ち込みは、ご遠慮下さい。また吐き出した「毛玉」は使えません。ご注意下さい。

洗浄・化学処理・選別をすると上の毛のかたまりはこの程度にまで減ります。

これでハウジング2個分、つまりヘッドホン1個分です。

 

お届けに要する期間は1個オーダーの場合、ネコの毛到着後、数日から2週間です。ネコの毛の程度により、処理に要する期間が変わるためです。ネコノミが発見された場合、その完全駆除と死骸除去のため、さらにお時間を頂戴することがあります。(顕微鏡下での作業になるため、時間がかかります。)
   
愛猫家のお客様からの個人オーダーにつきましては、ご要望により製作工程の写真をレポート形式でお付けします。また処理済み未使用の猫の毛(色合い鮮やか、長期保管ができます。)をお返しさせていただきます。(ただしお持ち込み分から使用分を引いた全量とはなりません。ご了承下さい。また、ネコの毛のフェルト等の製作のための猫の毛の処理だけのご依頼は固くお断りします。)
※ 当社では、愛猫家の方からの猫の毛の寄贈は歓迎しておりますが、買取りは固くお断りしています。
   
お求めはこちらから
 
サイトポリシー

© 2018 Otogi-koubou Music and Technology Works LPC. ALL RIGHTS RESERVED.